トラックの種類

トラックは原則的にはシャーシの上に載せるボディによって、
多種多様な種類に分類されます。
このサイトでは、それらのトラックの代表的な種類について紹介しておきましょう。

「平ボディ車」はトラックの基本の形で、
ボディの左右と後部に開閉可能な囲い
(アオリと呼ぶ)があり荷台に屋根がない無蓋で開放されているトラックです。
主に雨に濡れても問題のない積載物の運搬に使われます。

「ウイング車」は密閉構造の箱型の荷台があり、
「ハコ」と呼ばれる場合もあるトラックです。
開放した側面の扉が翼のように見えることから「ウイング車」と呼ばれるようになったもので、
水濡れや荷物の落下を防ぐことができます。

「幌付き車」はウイング車と平ボディ車の中間的存在で、
平ボディ車の荷台に金属で骨組みをしてビニールや防水布のシートで覆ったトラックです。
「ユニック車」は小型のクレーンを装備したトラックで、
荷物の積み下ろしなどにそのクレーンを活用できます。

「ダンプ」は油圧で荷台を傾斜させることで、
荷物を一気に下ろせるトラックです。
土砂積載専門と土砂積載を禁止したタイプがあり、
土砂を禁止したダンプは(「土砂禁ダンプ」と呼ばれている)飼料や木材チップなどを運搬します。

「アルミバン」はアルミ製の箱型ボディのトラックです。
箱型ボディであることからかさばる物を運搬することに適しています。
「冷凍冷蔵車」はアルミバンのボディの荷室内温度を一定の低温に保つ機能を持ったトラックです。
冷凍・冷蔵・保冷の3タイプがあります。
なお同じ種類であっても2t、4t、8t、10tなど、トラックの総重量は一律ではありません。
またここに挙げた種類以外にもWキャブ・ミキサー車・パネルバン・セルフローダーなどがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です