中古トラックのメリット

中古トラックを購入する最大のメリットは、
やはり何といっても新車で購入するよりも安いコストで済むと言うことができるでしょう。
それぞれの中古トラックの状態にもよりますが、まだ十分使用できるトラックが新車の半額くらいの値段で購入できます。
半値と言うとトラックの場合は何百万円といった大きな額になりますから、
新車を購入する費用よりも安くなった資金を購入した中古トラックの修繕費や維持費などに使うことも可能になります。
わが国のトラックは世界的に認められているように、
極めて耐久性に優れているだけではなく部品の取り替えや修理がしやすい構造になっています。
さらに8t超のトラックなどは毎年の車検に備えてしっかりとメンテナンスされていますから、
20年以上経過していたり100万km以上走行したりしている中古トラックでも、
まだまだ乗り続けることが可能なのです。

安いコストで済むというメリット以外にも、中古トラックを購入するメリットとしては次のようなことも挙げられます。
・新車購入ではありませんから購入決定から納車までが短期間ですむ。
・中古トラックの場合の自動車取得税は経過年数によって異なることから新車購入より安くなる。
・すでに架装されているトラックの中から希望に近い架装のものを購入できる。
・中古トラックは新車トラックのように値落ちすることは少ない。

購入資金が少ない場合に新車でトラックを購入するとなると、
積載量が小さく安いタイプのトラックしか買えないといったことや
機能やグレードを落とさなくてはならないといったことになりかねません。
しかし中古車を選択することでそうした問題も解決できる点も、メリットと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です