中古車販売業と古物商許可

中古車販売を始めようと思えば、古物商許可を取得しなければならないことをご存じですか、
中古車とはいえ、車両が古物に当たることを知っている人は意外と少ないようです。
しかし古物営業法によれば、「古物」とは「一度使用された物品、新品でも使用のために取引された物品、
またはこれらのものに幾分の手入れをした物品」としており、
第2条で古物を13品目に区分してそのなかで自動車(それらの部品を含む)が含まれています。

古物商許可は13品目から取り扱う中古品目を選択し、
営業する都道府県の公安委員会へ申請して取得する制度です。
許可が下りると申請した公安委員から「古物商番号」が付与されますので、
古物営業法第12条第1項に定める標識にその番号を表記した上で
営業所の見やすい場所に掲示しなければなりません
(インターネット上で売買を行う場合には、ホームページの会社概要などに標識にかわって古物商番号を明示します)。

古物商許可の申請に当たっては、
中古自動車(それらの部品を含む)を扱う「自動車商」は、
ほとんどの公安委員会において、
他の中古品目より申請者の状況などを厳しく審査・確認されることが多い品目と言われています。

理由の1つは、中古自動車の売買額が大きいことで犯罪が多発する品目であることです。
もし古物商として盗品の車両を高く買い取ってしまうと窃盗犯に利益を与え、
再度の窃盗を誘発しかねません。
そこで許可申請をしている人物が十分な注意義務をはらって
売買できる能力があるかどうかの確認が行われるのです。
また中古自動車の保管場所としての広い駐車場が必要ですから、
買い取った後の車両の置き場所(保管場所)についても、十分な審査が行われるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です