リースレンタルと中古トラック購入、どっちが得?

中古といえども、トラックを購入しようと思ったら高額で、さらに維持費が発生します。
では仕事でトラックを使用する場合、リースレンタルと中古トラックの購入はどちらがお得になるのでしょうか?

まずリースレンタルのメリットは、毎月レンタル料を支払う事になります。
レンタル料は全て経費扱いになるため、会社のキャッシュフローはよくなり、税金面でもお得になります。
中古トラックを購入した場合は、資産として計上されるため、固定資産税が発生します。

またリースの場合は、トラックが故障した場合の修理代や、車検代なども全てリース代の総額に計上されます。
そのため毎月のリース代は一定の金額で、急な出費等が発生する心配もありません。

ただし、リースレンタルには、デメリットもあります。
レンタル料金を支払い続けても、そのトラックは自分のモノにはなりません。
そのため、長期間レンタル料を支払い続けるよりは、中古トラックを購入した方がお得になるケースがあります。

またレンタルリースは1度契約をすると、契約を途中で解約する事ができません。
そのため、例えば作業量が減ってトラックが必要なくなったという場合に、使用しなくてもレンタル料が発生します。
もし中古トラックを購入していた場合なら、使用しなくなれば、中古トラック買取業者に売る事ができます。

つまり、状況によって、リースレンタルの方が得になる人もいれば、中古トラックを購入した方が得になる人もいます。
長期間使用する場合は、中古トラックの購入をおススメします。

そして短期間しか使用しない場合や、使用頻度が少ない場合は、リースレンタルをおススメします。
短期間は、1日単位でレンタルを行っています。
目安としては、レンタル料金は中型トラックで2~3万円、大型トラックで5万円となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です